心に触れる一言

Category : 未分類
朝一番の電話に出て「はい、菊池不動産でございましゅー。」と言ってしまい、
最近の自分の言動に落ち込む今日この頃。
当たり前に出来ていたことがだんだん難しくなり、こうやってどんどん老いていくのだと
実感しています。

普段、何気ない一言でも素通りしてしまう「言葉」ですが、今年は、私にとって
印象に残る言葉を残してくれた3人の女性がいました。

一人目はアパートの大家さんで、所有している土地の件で相談がありお話しを伺っていると
「やっぱり、おてんと様はちゃんと見てるのよね。」
複雑に利害が絡み合っている内容で、一番元をただすとうん十年前まで遡らなければならず、
そのとき当事者だった方は今はもう姿を見ることはないという話しの中で発せられた一言。
因果応報とはよくいったもので、私自身の戒めにもなりました。

二人目は以前当社で働いてくれていたTさんが事務所に遊びに来ていたときに体が思うように
動かなくなってきたことを嘆いて言った一言。
「誰も好きで歳をとるわけじゃないのにね。」
あーやだやだ、と明るく笑って話してくれたのが幸いです。

三人目はアパートの入居者のWさん。広くて、セキュリティもしっかりしたマンションから
木造の小さな部屋に引越して1ヶ月もしない頃に電話があり、何気ない会話の後ポツリと言った一言。
「でも、やっぱり寂しいのよね・・・」
実際にはありませんが、心臓を素手でぎゅっと握られたような、例えていうならそんな感じでしょうか。
さすがにこれには私も返す言葉がみつからず、Wさんの家庭環境を知っているだけに
心にずしんと来る言葉でした。

ちなみに三人とも私よりだいぶ年上でほぼ同年代です。


人生の先輩である三人の女性の言葉を胸に秘めたところで、今年最後の富士山と大山です。

HP+153_convert_20101218140932.jpg

HP+152_convert_20101218141050.jpg


株式会社菊池不動産



Comment

非公開コメント

プロフィール

banban

Author:banban
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR